スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

【コン・ティキ号探検記】





 出来事というのは、やはりその時代背景を知ると、味わい深くなるものだ。

 1947年、トール・ヘイエルダール率いるコン・ティキ号(バルサで作った筏)は、南米ペルーから太平洋諸島への実験漂流を成功させた。その後、この航海の様子を綴った『コン・ティキ号探検記』は世界中で翻訳され出版された。本書は1956年に筑摩書房より刊行された日本版の文庫化(1996年発行)である。

 作中には5人の男たちの航海中の苦悩や情熱が心地よく描かれる。「未知」の大海原の魅力や神秘が十分に堪能できる。読後、解説者の一文が目を引いた。

 「半世紀前のコン・ティキ号の航海以来、大西洋で、日本海で、インド洋で、いろいろな実験航海が行われることになった。七十年代、八十年代はちょっとした実験航海ブームだった。血気盛んな男たちはヘイエルダールに憧れ、ヘイエルダールのように名声を得ようとした。男だけが興味を持つ命懸けの遊びでもあった」(解説より)。

 命を懸けて実験で漂流をしてみる。それだけでも驚くべきことなのに、それが後のブームの発端になっていたとは。そんな視点で、近年公開された映画『コン・ティキ』を眺めてみると、どことなく呑気で抑揚のない出来に見えていたこの物語も、さらなる奥行きや味わいを見せる。

 それにしても人間は(男は!?)、なんと漂流好きなことか。実際の航海なんぞはほんの一部。男の人生は漂流しっぱなし。蛇足ではあるが、拙編著(電子出版)『誰にも見つけてもらえない〜11人の美しき漂流人生』では、航海の成功後に訪れた、やっかみや批判などの「ロマンのおつり」についても紹介している。

スポンサーサイト

2014.05.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

【今週の210円】 『太宰治 主治医の記録』(中野嘉一著、宝文館出版)


 モルヒネの一種パビナール(麻薬)中毒に陥った太宰治は昭和11年、板橋の武蔵野病院という精神病院に一ヶ月入院した。太宰はその体験を「私の生涯を決定した」と断言し、『人間失格』などの太宰文学の最大のモチーフとなった。その間の太宰の微妙な様子を明らかにするカルテが公開され、それをもとに主治医であった著者が冷静に論評を下したのがこの本である。帯にある通り、「太宰治研究の第一級資料」には違いはないが、現代の書籍のように、そこにスキャンダラスな、あるいは露悪的な視点はない。昭和55(1980)年の作品。発言にはインテリジェンスを、書籍には格調の高さ。よくもわるくもそんな昭和後期までの風潮が滲み出るような本だ。飛び抜けたおもしろさはないが、じんわりと(環境や現象としての)文学を感じる、そんな作品である。




2014.04.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

『達磨寺のドイツ人』黒澤明(脚本)


 ある日、中山道のことを調べていて、高崎にある少林山達磨寺のことが気にかかった。何でもこの寺を舞台にした脚本が存在するというのだ。『達磨寺のドイツ人』黒澤明監督の1941年の作品である。残念ながら映画化されることはなかったが、この脚本が、岩波書店『黒澤明全集』第一巻に掲載されているというので、さっそく入手して読んでみた。

 昭和14(1939)年、第二次世界大戦勃発前、国際社会の緊張が高まる時代が、この物語の背景である。山奥の静かな寺、達磨寺にドイツの有名な建築家、ルドウィッヒ・ランゲが滞在することからこの物語は始まる。日本の建築を知るため、日本の風土に馴染むため、憧れの環境で日本建築に関する草稿をしたためるため、その60歳すぎのドイツ人は、一年あまりに渡って滞在した。

 見慣れぬ白い大男に村の人々はとまどいの表情を見せる。最初は怖がっているが、次第に心を開いていく子どもたち、国際情勢の変化に応じて態度を変える大人たち、そばで温かく接してくれる山寺の人々。静かな日常ながらも時折感情の発光がある。それはまるで美しいモノクロフィルムだ。70年以上も前の静謐な世界。時折垣間見られる情熱の灯り。その幾多の光景がいまにも触れそうな質感を伴い、次々と頭のなかで再現されていく。黒澤監督の才気には改めて敬服せざるを得ないが、そのことよりもまず、この脚本を「味わう」時間を持てたことを愛おしく感じた。

IMG_2835_convert_20140424070316.jpg




2014.04.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

Kindle版『誰にも見つけてもらえない』発売!

誰にも見つけてもらえない


Kindle版『誰にも見つけてもらえない』が発売されました。
古い作品ですが、読みやすく、小咄的資料(笑)にも最適です。
現在は、無料キャンペーン中。ぜひ、ダウンロードしてくだされ。

Kindle版『誰にも見つけてもらえない』

チンパンジー船長から巨乳好き監督ラス・メイヤーまで。
誰にも見つけてもらえない、その美しき漂流人生。


<内容紹介>

本書のテーマは「漂流」である。
誰にも見つけてもらえない……。そんな不安で、ちょっぴりこそばゆい感覚の先にはいったい何が待ち受けているのか。
あまりにも非合理的、あまりにも無計画、あまりにもマーケティング無視。
おかしくも悲しい、そして何よりもパワフルな人生の「漂流者たち」。
数々の偉業をなすも、誰にも見つけてもらえなかった、そんな11人の美しき漂流人生を味わう。


【目次】

□第1話  自転車無銭世界一周の旅(中村春吉)

□第2話  バルサの船の実験漂流(トール・ヘイエルダール)

□第3話  華麗なるセルフ漂流(ラナルド・マクドナルド)

□第4話  気球に乗った中年(サロモン・アウグスト・アンドレー)

□第5話  なんで私は宇宙にいるの?(チンパンジー・ハム船長)

□第6話  巨乳の大海原を漂う男(ラス・メイヤー)

□第7話  お嬢様のお花型漂流人生(マリアンヌ・ノース)

□第8話  酩酊トリップの行き着く先は!?(泉山三六元大蔵大臣)

□第9話 「口上」は放浪の地肩(アールミン・ヴァーンベーリ)

□第10話 パリの匂いのする男(モーリス・シュバリエ)

□第11話 やっぱり無人島が好き!(トム・ニール)


<著者プロフィール>

Matt Black Production●マットブラック・プロダクション

コラムニスト・中丸謙一朗を中心とする企画者集団。ライター、映画評論家、映像ディレクター、文献調査師など、職業、得意分野はさまざま。クラウドの漆黒の闇のなかから珠玉の笑いを生み出そうともがき続ける野郎たち。



2014.04.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

書評『グッド・グリーフ チャールズ・M・シュルツと「ピーナッツ」の世界』

 チャールズ・M・シュルツは、あのスヌーピーの生みの親だ。いや、もっと正確に記せば、全米をはじめとして世界各国で40年以上の長きにわたって親しまれてきた漫画『ピーナッツ』の作者である。

 『グッド・グリーフ(なんてこった!)』(チャーリー・ブラウンの口癖)と題されたこの本は、チャールズ・M・シュルツの生い立ちを中心に、『ピーナッツ』の登場人物たちが生まれてきた背景やその時代の空気感などを丁寧に描写している。

 主人公のチャーリー・ブラウンは何をやっても「ふにゃふにゃ」だった。それは、作者の子ども時代のこんな経験が影響しているのかもしれない。

 シュルツはミネアポリスの理髪店のひとり息子として生まれた。

 以下はシュルツの述懐。 「髪を刈ってもらおうとよく父の店まで行ったことがある。私が刈ってもらっている最中に、もし誰かお客が入ってこようものなら、私はすぐに椅子から降ろされる。そして父がそのお客の頭をすませるのを待つんだ。そこに座り、半分虎刈りにされた頭のままで、どんな顔をしていいかわからないような気分でね」

 はるか昔のいかにもささやかなできごと。その当事者の父と子の間だけに起こった小さなドラマ。しかしいかにも何げないそんな小さなできごとをシュルツはいまでも忘れることができない。(本文より)

 作者はチャールズ・M・シュルツの創作の背景を見事に描き出す。

「『ピーナッツ』を見れば、おかしみとは悲哀から生まれるもので、幸福からではないということがよく分かる。(中略)片思いはこっけいに見える。相思相愛は面白くもなんともない。上手に凧を大空に泳がせている子供からはおかしみはうまれてはこない。ところが、木に凧を絡ませてしまった子供にはおかしみが漂う。」  ~「人生はむなしいもの。最後にあるのは敗北なのだ。名声ははかなく、憂鬱ばかりがいつまでも続く。誉れは勝利にあるのではなく、失敗するとわかっていながらも挑戦することにある。」(本文より)

 これぞ、“ザ・アメリカ”。  アメリカの良心と神経症が同時に感じられる一冊である。

『グッド・グリーフ~チャールズ・M・シュルツと「ピーナッツ」の世界』リタ・グリムズリィ・ジョンスン著、越智道雄監訳(リブロポート刊)(絶版) ふんどし度★★

2010.06.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。