FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

最後の親知らず

 今、執務デスクに座り、手に持った歯をじっと眺めている。

 楽しい。そして飽きない。いつまでもいつまでも眺めていられる。

 昨日、歯を抜いた。上下左右4本ある親知らずのうちの一本が残っていたのだが、多少の違和感と口内の清掃環境の関係で、ひでくんに抜いてもらったわけだ。

 親知らずとは、ヒトの歯のうちで最も遅く生える第三大臼歯のこと。英語では、「a wisdom tooth (知恵歯)」と言うらしい。

 この親知らずを抜いたということは、最後に残った微かなる「知恵」の消失と取るのか、まだ親の関心下にあった時期(段階)からのいまさらながらの完全なる離脱と取るのか、とにかく、歯を抜くなんて久しぶりの体験。

 改めて抜いた歯をよく観察してみると、おもしろい。
 そこには、親どころか、俺の知らない自分自身の身体の歴史が刻まれている。

 まず、隣の歯とも隣接し、また奥歯の頬側の少し変な位置に生えていた歯なので、あまりよく磨けていなかったことがわかる。歯の奥側の突端が虫歯になり黒く穴が開いている。
 よく、これで痛くなかったなあ、俺、知らねえよ、こんなの……。

 5月にタバコを止めて、すっかりクリーニングしてもらったはずなのに、歯の陰になっていた部分にニコチンの痕跡を発見する。まだ、ここにいたんか、あんた……。

 さらによく見ると歯の咬み合わせ部分が様々に摩耗していることもわかる。
 何十年も何十年も、毎日たいへんだなあ……。

 そして、何と言っても、歯茎に隠れていた根っこの部分。
 へたなソフトクリーム屋のあんちゃんの仕事のような、先端が左の方にひゅるりんとひん曲がったへんな形。

 「はじめまして」という感じなのだが、ずっと歴史をともにしてきた自分自身の一部でもあるわけで、「そうか、おまえ、そういうふうになってたのか、がんばってたなあ」、みたいな、まるで30年ぶりの同窓会に行ったかのような、変に素直で、すがすがしい気分……。

 上の方には金さえあしらわれたデスクの上にある最後の親知らずは、デスクライトの反射を受け、ときおりきらりと光を放つ。

 こうなると、俺にとっては、立派な骨董品だし、毎年、年賀状出したいぐらいの大切な旧友。友情の証として、携帯ストラップにしたいぐらいだけど、絶対気味悪がられるからやめとく(笑)。

 では、ハバナイスデイ。

2009.11.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

図書館で借りた本、小学生は最多の年35.9冊 07年度


 文部科学省発表のニュースによると、「全国の図書館の数は2008年10月時点で3165施設。小学生が07年度に借りた本は1人あたり35.9冊で過去最多だった」とのことである。この調査結果に関して『文科省は「図書館は身近な公共施設で、特に子供への読書活動が習慣として定着しつつある」と分析している』らしい。

 そうか、よかったよかった、お子さん方が本を読むようになって……。

 でも、これって、出版業界は大打撃じゃん。だって、タダで読んでいる数が過去最高なんだから(笑)。読書活動が習慣として定着しつつある、って、それは文化・教育的行為だから商行為である出版関連企業にはお金を払う必要はないということか。

 もちろん、著者への印税も露と消える。
 ビール一杯180円の時代、もはや腹も満たさないような「形」なきコンテンツはタダってこと?

 マックのコーヒーと一緒(泣)

 佐野眞一著『だれが「本」を殺すのか』って、よく言ったものだ。

 もはや、みんなで殺してる。しかも、無自覚に……。

 だいじょうぶか、俺の商売(苦笑)

 では、ハバナイスデイ。

2009.11.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

書評【ドキュメント屠場】

 私はウチの事務所に入ってきた新人にまずこの本を読めと言っている。そこに私が考える仕事の「基本」が書かれているからである。

 屠場、そこは鍛え上げられた職人芸が、商品としての食肉の味と価値を左右する世界である。
 彼らは得意がってその「技術」をひけらかしたりはしない。そこにあるのは、「次の(工程の)人が働きやすくなることだけを考えている」という恐ろしくあたりまえで、また、恐ろしく核心をついたセリフであった。

 今でも本書は、私が仕事に迷った時に読む座右の書である。
 また、断食中に無性にとんかつを食いたくなった時にも活用している。

 ふんどし感溢れる男たちの崇高な姿は、煩悩でふにゃふにゃになった私の脳裏を心地よく解体してくれるのである。



ドキュメント 屠場 (岩波新書)ドキュメント 屠場 (岩波新書)
(1998/06/22)
鎌田 慧

商品詳細を見る



【ドキュメント屠場】(鎌田慧著、岩波新書)

 ふんどし度 ★★★★



(再録)


2009.11.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

下田にて

 ちょっと前の話ですが、伊豆・下田の海岸沿いで見かけた風景。

IMGP1753.jpg


 誰がやったか知らないけれど、こういういたずらはなごむよね……。



 ……さらにトコトコ下田海中水族館の方に歩いていくと、ショーの前、人とイルカの”打ち合わせ”風景。

IMGP1756.jpg


 「だから、こうしてこうなってさ。ぼくがこうするから、きみはこうしてね……」
 「うんうん、それでそれで……」

 なごむな、これも……。



 で、すっかり弛緩しながら町にたどり着くと、店頭に意味不明のキューピーさん。

IMGP1737.jpg


 顔面真っ赤。何をそんなに息張るのか。

 あ、日焼けか……。

 どこまでも弛緩の似合う2009年初夏の下田であった。

 おしまい。
 

2009.11.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

書評【カツラーの秘密】(小林信也著、新潮文庫)

 男が男であろうとする様は、カッコがいいようで、実にカッコ悪いものである。
 美学と称する説教臭い訓示をたれてみたり、ギョッとするほどブラックな皮肉や冗談をところかまわずかましたと思ったら、その実、後でちょっと落ち込んでいたりもする。カッコなんてどうでもいいさとうそぶきながらも、真夜中のバスルームの鏡に映った己の頭髪に、「世界の終焉」ほどの落ち込みを見せていたりもする。

 この本はおもしろい。書き手からの「魂の叫び」が感じられるからである。
 この本の著者はハゲ。もう一度言おう、ハゲなのである。
 だが、自らの経験と肉体(頭部)をツールとし、ハゲという「コンプレックスの総合格闘技」の魂に迫ろうとする。この場合、アンダーは絶対と言っていいほどふんどしがよく似合う。

 よくハゲのことを「そんなのどうでもいいじゃん。別にハゲでも私は関係ないわ」と無責任なことを言う女がいる。
 彼女たちは感違いをしている。
 カツラは他人のためのものではない。己の魂に安らぎを与える心のナイトキャップのようなものなのである。



カツラーの秘密 (新潮文庫)カツラーの秘密 (新潮文庫)
(2004/03)
小林 信也

商品詳細を見る



ふんどし度 ★★★★

(再録)


2009.11.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。