スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

回想・ブツブツの旅

 この時期になると、ふと思い出す。

 それはこんな旅だ。

 (以下は以前、某雑誌の連載で書いたことがあったが、改訂のうえ掲載する。)


 七草がゆを食べ終えた頃、その旅は行われた。

 とある取材で、私は広島全県二泊三日という強行スケジュールをこなさなければならなくなった。

 東京・羽田空港出発は朝7時10分。前夜、どうしても避けられなかった打ち合わせと称する痛飲会で、深夜3時半まで外出していた私はもうヘロヘロ。4時半に帰宅。ほとんど睡眠を取る間もなく、自宅を6時頃出て、フラフラのまま広島行きの機中の人となった。

 今回の旅について、もう少し補足しておきたい。今回は広島のご当地うまいものを取材する旅。食べ物の写真を撮って、ご主人に話しなんぞを聞く、いわゆる「店取材」と言われるものだ。事務所に転がり込んできた仕事で、私は広島に行ったことがなかったので、好奇心からライターの女の子に頼み込むようにして、カメラマンとして同行したのだった。

 しかし、広島行きの飛行機の中でスケジュールを聞かされ、私の老いかけた身体に緊張が走った。取材地点は、東から、因島、尾道、福山、東広島、広島、熊野、呉、宮島。このとてつもない広さに点在する約10ヶ所をアポイント通りに取材して回らなければならないとのことだった。われわれの足はレンタカー。運転は、そう私だ。

 朝8時半頃、広島空港に到着した。朝飯も食べず、さて、目指すは東南部・瀬戸内海に面する某エリアだ。私たちは、広島の中央部を東西に走る山陽自動車道に乗り、10時のアポイントに間に合うようクルマを走らせた。

【朝の水軍鍋】

 その旅館のオヤジは、なぜか異常にノリのいい人だった。私たちの到着を知ると、「あ、来たの、ごくろうさん」と、妙にすっとぼけた態度で、撮影のために用意する「ブツ」を仕込むために、まだ人気のない厨房へと姿を消した。

 その「ブツ」とは、「水軍鍋」と呼ばれる鍋料理だ。

 「水軍鍋」とはなんぞや。

 「室町時代から戦国にかけて因島を本拠地として活躍した村上水軍が出陣する前夜に食べたといわれる水軍秘伝の鍋。瀬戸内海の魚介類と海草、なかでもタコは必ず入れたという。刺身でも食べられる魚の新鮮さと豪快さを楽しむ鍋だ。2~3日前に要予約」……。

 これが、現地に行く前にガイドブックで確認した内容だった。

 私たちは、厨房に隣接するダイニングで撮影の準備を整えながら、その「ブツ」が出てくるのを待っていた。しばらくすると、蓋がカブト状になっている空の鍋と、タライ一杯の魚介類が、私たちの目の前に運ばれてきた。

 カメラをカチャカチャと操作しながら、私は、「おー、おいしそうですね。やっぱり、みなさんに人気のメニューなんですか?」と、そのオヤジに話の水を向けた。

 「いやー、いろんなおいしいもんあるのに、今どきこんなもん食べないだろ」と、オヤジはぶっきらぼうに言った。

 「は?」

 私たちはあっけに取られた。なぜなら、私たちは、この「おいしいであろうとされる」料理を不特定多数の人々に推薦するためにここにやってきたからだ。

 オヤジは鍋に魚介類(タコ、ワカメ、カワハギ、サザエ、アナゴ、タイ、エビ、カキ、ハマグリ、その他大勢)をたたき込み、グツグツと煮はじめた。その時、オヤジは、またまた気になることを言った。

 「いやあ、やっぱりアラ取ったり下ごしらえした方がいいんだよ。でも、いろいろやるより、この方がいいでしょう? 絵になりやすいし(笑)。去年だけで、テレビが五回も取材に来るから、すっかり慣れちゃったよ(笑)。味付けもいいよね、しなくて。ホラ鍋の蓋開けるよ。湯気がブワーッとなった方がいいでしょ」。

 どうやら、今目前でグツグツと煮えているワイルドさを売り物にするこの鍋は、魚屋さんから持ってきたものをぶつ切りにしたそのまんまの状態であるらしい。もしかしたら、ウロコとかもそのまんまなのか。

 まだ生きているエビが熱さに驚き鍋から床にピョーンと勢いよく跳び出した。オヤジは、「おうおう」と笑いながら、床からひょいと拾い上げ、そのまま鍋に入れた。

 一瞬の間の後、ライターの女子が、オヤジにこう尋ねた。

 「豪快ですね。やっぱり、昔、この地にいた村上水軍もこれを食べていたんですか?」。いよいよ、取材の核心だ。

 オヤジは言った。

 「そんな昔のことなんか分かんないよ。たぶん、そうだろうって観光協会が言い出して、この鍋ごと買わされたんだよ」。

 「はあ?」。

 私たちふたりは固まった。

 このオヤジ、ぶっちゃけすぎ。心の中でそう思った。

 「良かったら、食べていきなよ。どうせ捨てちゃうんだから」。

 取材後、オヤジはこう言った。

 私たちは黙って用意された鍋の中のものを食べはじめた。

 顔面ばっかりの魚の数々、まったく切っていないワカメ、泳いでいたそのままなのにへんな鉢巻きを巻かれたタコ、やっと成仏したエビを食いきる。
 時間は午前10時30分。ビールはなし。味付けもなし。おまけにポン酢もおやじが出し忘れたからなし……。

 野趣というよりはどちらかというと懲罰に近い。

 煮過ぎたサザエにかじりついてみた。ふと、風呂のゴム栓を思い出した……。

 取材が終わり、クルマを運転している車中、ふと額に手を当ててみた。

 おでこに思いっきりブツブツが出ているのを発見した。

 私は急いでコンビニでおにぎりを買い、何かのバランスを取ろうとした。


IMGP0856.jpg



2010.01.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。