スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

みなさ~ん、本物ですよ

 いつだったか浜田山の駅前でいいかげんな椅子とテーブルに座らされた坊主頭の平山相太(FC東京)がいた。

 駅前の日興系列の証券会社がイベントで呼んだみたいなのだが、お客さんはいっこうに集まらない。集まらないどころか、みんなその周辺を避けて通っている。

 そりゃ、ちゃんと着せときゃいいのに、サッカーのユニホームも着ていないので、単なる坊主頭の運動部の学生が座っているようにしかみえない。オーラとかそういう類の話ではなく、昼下がりの駅前のおばちゃんに対する当人の知名度の低さという、それ以前の根本的な問題だ。

 しかも、ただ座ってるだけ、
 ステージがあるわけではないし、ちゃんとしたイベントの看板もつくっていない。

 いろんな意味で違和感ありあり。いや、もちろん、平山選手に何の落ち度もない。きっと頼まれ、指示に従っているだけだ。でも、そんな彼、見ようによっちゃ、交通量調査のバイト学生にしか見えない。

 単に手抜きのイベントというだけでなく、遠くからみると完全なコントだ。

 あまりの人気のなさにあせった関係者は、群衆に向かいこう叫んだ。

 「みなさ~ん、平山相太選手ですよ。本物ですよ、本物ですよ~」

 ……その「本物ですよ」は都合三回繰り返された。

 幾人かの子供が恐る恐る近づき始めた。

 その前でにこりともしない平山の反応もまたシュールだ。

 本物の臨界が青空に溶ける。浜田山とはそういう街だ。

 引越は完了した。

 事務所は移転したが、近所のため、私はあいかわらずこの街を徘徊する。


IMGP2746.jpg



2010.01.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。