FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ブログは忍耐!?

 よくブログを更新しなかったことを一生懸命に謝っている人いるけど、あれはいったい誰に謝っているんだろう。想定している読者に対してだろうか。それとも内なる自分に対してなのか。

 その人が書きたくてやっているブログ(日記)なのに、なんでその人は意味もなく謝るのだろう。宿題忘れた時、そんなにまじめに謝っただろうか。(そもそも忘れたとか言って記憶の問題に転嫁しようとしているが、わかっていたのにやらなかっただけなんだけどね)

 やっぱり、「ファンのみんな」と呼びかけたい衝動なのか。

 たしかにブログって何のために書いているのか、その動機を思いっきり見失いがちな、あるいは最初から見失っているものだと思うのだけど、それを曖昧な形で、外部への“空回りの責任感”(要するに無責任ってことなんだけど)みたいなものに意識の置き所をもっていってしまうのは、ちょっと違う感じがするんだけど、そんな考えって、やっぱ、ひねくれすぎなのか。

 例のツイッターが出てきたおかげで、発信側と受信側が(本格的に)渾然一体となって、発信側の空回りの責任感がますます空虚なものになっている。

 更新なんか本当はどうだっていい。

 毎日更新したって一年にいっぺんしか更新しなくったって、それは大勢が通うスポーツクラブみたいなもので、他の人には何も関係ない。

 じゃ、何で(ブログを)書くのか。

 ただ、書く。

 これは平成になってすっかり見失いがちな「忍耐(耐え忍ぶ)」の構造だ。

 昭和で言えば、グラウンドでローラーを引いている『巨人の星』の星飛雄馬だ。

2010.02.01 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。