FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ワイルド長平~書評『漂流』

IMGP2081.jpg


 江戸・天明年間、シケに遭って黒潮に乗ってしまった男たちは、不気味な沈黙をたもつ絶海の火山島に漂着した。水も湧かず、生活の手段とてない無人の島で、仲間の男たちは次々と倒れていったが、土佐の船乗り長平はただひとり生き残って、12年に及ぶ苦闘の末、ついに生還する。その生存の秘密と、壮絶な生きざまを巨細に描いて圧倒的感動を呼ぶ、話題の長編ドキュメンタリー小説。(カバーより)

 私は仕事の関係もあってここ3、4年の間、高知によく行っていた。

 この土佐の船乗り「無人島長平」の名前はあまり聞くことがなかった。

 高知、漂流、と言えば、まず名前が挙がるのが、ジョン万次郎だからだ。

 ジョン万次郎が、漂流した後、助けられた船でアメリカへと渡り、その後の日本の進路や文化に多大なる影響を与えたのに対して、この長平の場合は話が地味だ。ただ単に無人島に12年もほおっておかれて、生き延び、生還した。ただ、それだけなのだ。

 漂流の詳細は本書に譲るが、私の脳裏に焼き付いた!?映像をひとつだけ。

 長平の無人島でのスタイルはアホウドリの羽で編んだ上着、まるでガッチャマン。

 長い間このアホウドリの肉を食料にしてきたため、助けられた後、握り飯を与えられ、身体に合わず戻し、失われた時の重さを思い、思わず涙したさまが描かれている。

 この“無人島長平”の記念碑が、高知市の東部、赤岡にひっそりと建立されている。

 わざわざ訪れたのだが、その銅像、なんかえぐい色遣いだなと思ったら、どうやら発砲スチロール製らしい。

 この男、どこまでも、ワイルドだ。



漂流 (新潮文庫)漂流 (新潮文庫)
(1980/11)
吉村 昭

商品詳細を見る


書評『漂流』吉村昭著(新潮文庫)
ふんどし度 ★★★


2010.04.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。