FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

へんな靴

 この前、実家の物置から中学時代に履いていたアディダスのばったもののスニーカーを発見した。白地に三本ラインのそばに刻まれていた文字は「ADIUMⅡ」(アディウムⅡ?)だった。どた靴みたいなへんなシェイプだった。

 私はへんな靴が好きだ。

 靴はその人間をドレスアップする一方で、その人間の深層に漂わせている「質感」を、文字通り足元から転覆させる力を持つ。

 つまり、一瞬で台無しにする破壊力を持っている。

 高校の時、まるでコッペパンみたいな靴を履いてきて、みんなから「パン靴」とあだ名され、涙ぐんでたやつがいた。

 そいつはいいやつだったが、印象の後味はどこか間抜けだ。

 ジャクソン・ブラウンのDVDに、ジャクソンがへんな形状のギターを見せびらかしていると、仲のいいスタッフから、「ジャクソンの靴みたいだ」と言われているシーンがあった。きっとジャクソン・ブラウンも「パン靴」並のへんな靴を見られた過去を持つのであろう。

 ジャクソン・ブラウンは、とても好きなミュージシャンのひとりだが、派手さはあまりないけれど、やっぱり、実直でいいやつなんだと思う。

 でも、本当のこと言うと、靴を選ぶのは難しい。「俺は本当にこの靴を履いてだいじょうぶなんだろうか」と、どうしても、買う時に躊躇してしまい、なかなかアイテム数が増えていかない。

 靴は案外雄弁だ。だから、みんな空気を読んだ「普通」を目指し、ナイキやアディダスなどの「無難な」スニーカーや「定番」のビジネスシューズが世の中に蔓延する。

 へんな靴は心の隙間に宿る放言。ほっと息を抜いた時に出てしまった屁だ。

 私はへんな靴が好きだ。

 夜中に酔っぱらって「へんな靴」というキーワードでググってみたら、こんなページが出てきて、その靴に思わず大笑いしてしまった。

 敬意を表し、リンク。→【Dignity couture】  いい(へんな)靴は「履く・履かない」の基準を超える。

2010.06.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。