スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

イカくさい男

 イカには純文学的佇まいがある。

 「イカくさい男」「イカ好きな女」「イカパーティー」。

 どの言葉も心をざわつかせる何かを持っている。

 おいしく噛み応えのあるイカは他の魚介類よりも特にカロリーが低く、低脂肪。イカにはタウリンという血中コレステロールを減少させ、活力を与えてくれる物質が多く含まれていることでも有名だ。

 でも、そんなことはどうでもいい。

 イカの素敵な質感と佇まい。

 イカは胴体部分が透き通った乳白色、身にツヤがあって弾力があるものほど新鮮と覚えておくといいらしい。

 でも、そんなこともどうでもいい。

 イカのランジェリーにも通じる官能的なあのてかり。

 イカを食い物としてしか見たことがないと多くの人は言うだろうし、イカ見て何興奮してるんだと小馬鹿にされるとは思うが、イカを食い物以上の存在として見ないなんて、あまりにももったいなさ過ぎる。

 マウスパッドによし、バイク用のヘルメットによし。関節のサポーターによし。

 個人的には、水と水で、イカの水泳帽でしゃらっとジムで泳いでみたい。

 「あれ、もしかして、イカ?」なんて、こそこそと言われながら。

 あるいは、「えーっ、それもしかしてイカですか? きゃー、触らせてくださ〜い。えーっ、うっそー、吸い付く〜」なんて。

 妄想……。

 ところで、イカくさい男とはどんな男なのだろうか。

 新年早々必死こいて考えることでもないのだが、いや、あえて考えることにしよう。

 「イカくささ」とは、イカのアンモニア臭やそこから連想される股間の残尿臭のことを指しているのではないかというへんに「具体的」な解説もあるが、そんなことよりも、もっと抽象的な「オナニー感」、「オナニーばっかりしてそう」、あるいは、「今したばっかり」、そんな感じが漂う人に送られる立派な称号だと思っている。

 「イカくさい男」という称号。

 これは、私の中でなぜかロバート・パーマーである。

 それは誰か。 

(有名なMTVビデオクリップの中で)あのくねくねと踊るサイボーグメイクの美女を侍らせ、自身はタキシード姿で「Addicted To Love」(恋におぼれて)を歌った、今は亡きイギリスのミュージシャンである。

 ロバート・パーマーが実際にオナニーばっかりしていたかどうかは、そんなこと知ったこっちゃない。だが、「イカくさい」という感覚に、この人の絵柄が不思議とはまる。

 もう少し、イメージを広げてみよう。

 「イカくささ」とは官能でもあると同時に、へんにフォーマルな感じが漂う。

 部長とか執行役員っぽい。

 日本的にいうと「樟脳臭い」というか、タンスの奥から引っ張り出してきた女将の着物姿に感じるエロスというか、ウエディングドレス姿に欲情する列席おやじの感性というか、相当に変態っぽくなって収拾がつかなくなってきたというか、とにかくイカはいい感じの「公式感」が漂う。厳かな食い物だと思う。

 もう、考えるのがめんどくさくなってきた。いいや、この辺で。

 この放りっぱなしも、イカの純文学性だと思う。


Robert Palmer - Addicted To Love


2011.01.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。