FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

心の旅【移ろいの美、上高地を歩く(長野・上高地)】

 ミスタープロ野球・長嶋茂雄は、正座をして本を読む。本人曰く、「そのように姿勢を正さないと、本の持っているパワーに負けてしまう」らしい。

 日本アルプスを望む景勝地・上高地は、正座の似合う観光地である。
 今のご時世あたりまえだが、タバコの一本も吸える雰囲気ではない。そればかりか、まるで誰かに正座をさせられているような「パワー」を感じ、普段だらしない人間がまったく違う行動をとってしまう。「神河内」「神降地」とも称されるこの地は、そんな不思議な場所だ。



IMGP0882.jpg


 約二〇年ぶりに上高地を訪れた。
 もはやこの地に対する記憶はおぼろげで、実際にもう一度、この目でその正体を確かめたかったからだ。

 上高地は、明治中期に日本に来たイギリス人宣教師・ウォルター・ウェストンによって見出され、芥川龍之介をはじめ、多くの文化人を魅了してきた日本有数の景勝地である。そんなことは、たしかに何となくではあるが理解していた。もう何年も前からマイカーの乗入れ規制がしかれ、人を運ぶバスなどにも、排ガスやエアコンの使用など、厳格なコントロールがなされている、そんな「厳格さ」も、微かながら聞き及んでいた。しかし、私にいちばん効きがよかったのは、冬季に完全封鎖されるという事実だった。

 「シャイニングの旅」。出発前に書いた旅程表の隅には、こんな走り書きのメモが残されていた。冬季閉鎖中のホテルの管理人として住み着いたジャック・ニコルソン演じる主人公に降りかかる数々の奇妙な出来事。導入部の山々を見渡す空撮。スタンリー・キューブリックの映画『シャイニング』をモチーフとした、荘厳だがちょっとおどろおどろしい旅、そんないかがわしい空想を持っていたのだった。
 そんなサブカルチャー的「斜め」の見方をしてごめんなさい。とりあえず、最初から謝っておく。上高地はどこまでもどこまでもストレートな「正座の似合う」場所なのであった。

 上高地入りするクルマの中継地点・沢渡(さわんど)に着き、タクシーに乗り換えた頃、あたりはどしゃぶりの雨だった。

 六月初頭の平日。ゴールデンウイークの喧騒が一段落し、比較的観光客の少ない日だと、紳士然としたドライバーが言う。なにしろ、トップシーズンには一日四万人もの人が上高地を訪れる、と誇らしげに続けた。ひえー。私はドライバーに、まだマイカー規制のなかった二〇年前の初めての訪問の記憶を少しだけ語った。

 急勾配のトンネルを抜けしばらく走る。豊かな新緑に彩られた上高地地区に入った。
 爽やかな景色だ。だが、その爽やかさが何だか尋常ではない。目に飛び込んでくる風景そのものが、まるで液晶テレビに映るハイビジョンのようなどこか調整された輝きなのだ。意味もなく感じた逆説的論理。その秘密を車中の紳士に教わる。
 紳士は、「上高地地区は、この地を治めていた松本藩の材木の伐採場になっていたので、ここの木はその時に切られた後のものが多く、木が比較的若いのです。だから、完全なる原生林ということができず、なかなか世界遺産にはなれません」と無念そうに語った。

 クルマは大正池にさしかかった。大正時代に焼岳の噴火により出現したこの池は、昭和に入ってからも、豪雨や小噴火など自然の影響を受け、次第に狭められ、その姿を変貌させている。
 どこか後ろから透過照明を当てられているような「移ろいやすき美」。高原へ誘う紳士の突っ込みどころのない話に、私は黙って心の中で正座をした。

 相変わらず、雨が降っている。上高地地区の中間あたりに位置する上高地帝国ホテルで、しばし天候の様子を見ることにした。
 ロビーラウンジでお茶を飲んでいると、少し小雨になってきた。ホテルで傘を借り、散策に出発した。約一五分歩き、上高地最大のビューポイント、河童橋に到着した。雨模様にも関わらず、幾人ものアマチュアカメラマンが、橋上から臨む雪を被った穂高の景色に吸い寄せられるようにシャッターを押している。

 ここ河童橋を中心にして、上高地地区にはそれぞれ逆方向にふたつの散策コースが用意されている。河童橋から穂高方面を目指し、森林の中を通り、穂高神社、明神池に向かうコース。もうひとつが、焼岳方面に梓川を下り、田代池、大正池などを巡るコースだ。今、タクシーで横目に眺めてきた沢渡方面へと下る大正池までの往復は1時間コース。私は、とりあえず、まだ見ぬ明神池へのコースを歩き出した。


IMGP0888.jpg


 雨中を黙々と歩く。都会のように「具体的な」景色の移り変わりがない分だけ、果てしない道程のように感じるが、平坦な道で、森林のクールな空気感と少し汗ばむほどの昂揚感が心地よい。画角に収まりきらない風景に圧倒されながらも光の変化をファインダー越しに楽しむ。湿地に渡された木製の通路の上で、思いっきり猿のフンを踏み、背筋を痛めた。数分後、神の降りる池・明神池に着いた。気が付くと雨はあがっていた。

 幽玄な感じはするが、かといっておどろおどろしい感じはない。歴史の重みや自然の深みに押しつぶされそうな気もするが、それを上回るほどの澄んだ感覚が全身を心地よく包む。音もなく、声も出ない。まさに、正座をしたくなる場所だ。

 復路、また雨が滲んできた。急ぎ足で湿地帯を抜け、日頃の運動不足を吹き飛ばすほどの真剣さで森林を抜けた。河童橋にたどり着くと空は晴れ、遠くに見える穂高にはきれいな雲がかかっていた。身体中びしょ濡れ、全3時間のコースだった。

 河童橋近辺の山小屋でカツカレーを食べた。身体に悪そうなカツの脂にほっとした。それは正座をとかれた後の爽快感に少しだけ似ていた。


IMGP0833.jpg


(2007年6月)



2011.01.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。