スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

『達磨寺のドイツ人』黒澤明(脚本)


 ある日、中山道のことを調べていて、高崎にある少林山達磨寺のことが気にかかった。何でもこの寺を舞台にした脚本が存在するというのだ。『達磨寺のドイツ人』黒澤明監督の1941年の作品である。残念ながら映画化されることはなかったが、この脚本が、岩波書店『黒澤明全集』第一巻に掲載されているというので、さっそく入手して読んでみた。

 昭和14(1939)年、第二次世界大戦勃発前、国際社会の緊張が高まる時代が、この物語の背景である。山奥の静かな寺、達磨寺にドイツの有名な建築家、ルドウィッヒ・ランゲが滞在することからこの物語は始まる。日本の建築を知るため、日本の風土に馴染むため、憧れの環境で日本建築に関する草稿をしたためるため、その60歳すぎのドイツ人は、一年あまりに渡って滞在した。

 見慣れぬ白い大男に村の人々はとまどいの表情を見せる。最初は怖がっているが、次第に心を開いていく子どもたち、国際情勢の変化に応じて態度を変える大人たち、そばで温かく接してくれる山寺の人々。静かな日常ながらも時折感情の発光がある。それはまるで美しいモノクロフィルムだ。70年以上も前の静謐な世界。時折垣間見られる情熱の灯り。その幾多の光景がいまにも触れそうな質感を伴い、次々と頭のなかで再現されていく。黒澤監督の才気には改めて敬服せざるを得ないが、そのことよりもまず、この脚本を「味わう」時間を持てたことを愛おしく感じた。

IMG_2835_convert_20140424070316.jpg




2014.04.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 書評・ふんどし本の世界

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。