FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

荒井のお歳は49!

 i tuneでドリフの往年の名曲『ドリフのビバノン音頭』がかかっていた。私のデスクの上のいつもの光景である。
 ふと、その歌詞(というかコント風MC)に聞き入っていると、メンバー全員が「荒井のお歳は49!」と叫ぶ場面があった。

 49か……。
 そりゃ、けっこうたいへんだわ。その後、早々に脱退したのもわかる。
 この時点で志村はまだ正式メンバーではない。

 49という年齢に多少の誇張はあったが、この時点(1973年6月リリース)でリーダーのいかりや長介・42歳に対して、その子供や生徒役をこなしていた荒井注は45歳。荒井は「うるせー、俺は無実だー」といつもの「柄悪いキャラ」で対抗しているが、寄る年波と歌詞中に覗かせる「(いかりやに対して)先生だからって、そうポンポン言うなよ。昔は同級生じゃないかよ」という微妙な本音には抗えない。

 この構図を見て連想することがある。

 横浜ベイスターズのおじさん、工藤公康は来年度から西武ライオンズでプレーすることが決まった。これも荒井注と同じく、現場にも関わらずリーダー(監督)よりも年上。「昔は同級生じゃないかよ」というより、はっきりと、元同じ球団にいた先輩と後輩の関係である。

 今、この時代、いくら年齢は関係ないとはいえ、その相対的な関係性として並べてみるとおもしろい。さきほどのドリフターズの例を西武ライオンズに当てはめてみる
と、こうなる。(なお、誕生日の関係などで若干のずれは生じるが、大まかな関係性に違いはないので、細かい年齢の正確さに関してはご容赦願いたい)

 工藤公康→荒井注→46歳。
 渡辺久信(ナベQ)→いかりや長介→43歳。

 これに、さらに他のメンバーを加えてみる。

 年齢の相関関係でいくとこの時、志村けんは24歳。この年齢は西武ライオンズでいうと岸孝之である。活きの良さがよくわかる対比だ。

 そして、加藤茶は31歳。西武の同じ年はG.G佐藤である。
 ふたりとも「濃い」。

 仲本工事は33歳。西武の同い年は横浜から移籍してきた土肥義弘。
 と、これまた渋いところだ。

 意外なところでは、高木ブー41歳。

 西武の選手名鑑で眺めるとまったく同じ年というのはいない。
 やはり、リーダー(ナベQ&いかりや)のわずか二歳下なので、もはや現役感も希薄なポジションである。

 近いところとしては、西口文也が37歳、石井一久が36歳。ふたりともひょうひょうとしたキャラクターだが、まだまだブーの位置では失礼か。
 野手では清水崇行が36歳。ただ、やはり、落ち着きを払いながらも、メンバーに「加わっているだけ」という状態になりがちな年齢ではある。(そう考えると楽天のブー・山崎武司・41歳の活躍ぶりはすごい)

 しかし、よくよく考えてみるとドリフも球団もめちゃくちゃな歳の人が集まってやっている集団だということがわかる。確かにそういう意味では、芸も野球も、歳なんか関係ない。

 でも、一方では縦関係に厳しい社会。
 注もQもブーも、そして、最年長のおじさん工藤もたいへんだあ。

 改めて私と同じ年の彼に敬意を表して思う。

 がんばれ、工藤! 岸に負けるな。監督には気つかえよ-。

 ババンババンバンバン♪ ババンババンバンバン♪

 またなー。

2009.11.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | マンガ的!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 前のページへ  | ホーム |  次のページへ »



FC2Ad

プロフィール

中丸謙一朗

Author:中丸謙一朗
職業:編集者・コラムニスト
1963年生まれ、横浜市出身。立教大学経済学部卒。1987年、マガジンハウス入社。『ポパイ』『ガリバー』『ブルータス』などで編集を手がけた後、独立。著書に『大物講座』(講談社)、『ロックンロール・ダイエット』(中央公論新社・扶桑社文庫)、『車輪の上』(エイ出版)、漫画原作『心理捜査官・草薙葵』(集英社コミックス)など。編著多数。

お問合せ

NKJへのお問合せ・ご質問等は以下のフォームよりお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。